日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)

3.99
  • (148)
  • (178)
  • (107)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 1470
レビュー : 164
著者 :
toshi1231さん 歴史   読み終わった 

1945年8月14日にポツダム宣言受諾を聖断で決めてから15日の玉音放送まで、天皇、日本政府、陸海軍の24時間の動きを詳細に追ったドキュメント。聖断を覆し、玉音放送を妨げようとするクーデターの動きがリアルな緊迫感で語られる。もし、いくつかの偶然が少しだけズレて、8月15日に終戦できなかったら、ソ連の日本侵攻、さらなる国民の犠牲、そして戦後の国土分断などが起き、日本は今とは大きく異なる国になっていたかもしれない。(もちろん、他の可能性もある)昭和史を学び、戦争について考えるとき、読んで損はない1冊。

レビュー投稿日
2017年8月25日
読了日
2017年8月21日
本棚登録日
2017年8月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫...』のレビューをもっとみる

『日本のいちばん長い日 決定版 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする