黒蜥蜴 江戸川乱歩ベストセレクション (5) (角川ホラー文庫)

3.90
  • (46)
  • (81)
  • (52)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 554
レビュー : 55
著者 :
とし長さん ミステリー・サスペンス   読み終わった 

 女賊”黒トカゲ”と名探偵明智小五郎の対決を描くサスペンス。

 普段本のジャケ買いはほとんどしないのですが、この作品に関しては表紙の”黒トカゲ”に惚れて買いました(笑)。目がカッコいいのにどこか妖艶さが漂っているのが特にお気に入りです。あとはブラジャーのホックとかですね。

 内容は会話こそ少し古臭さはあるものの、展開はスピーディーで現代でも十分面白い。名探偵と怪人の騙し騙されの一進一退の攻防は、どこか子ども時代の本や特撮などのフィクションを思い起こさせるものがあって、少しノスタルジックな気分も味わいながら読むことができました。

 黒トカゲも色々な属性のキャラにプラスして、大胆不敵な犯罪計画を実行に移す名悪役! それだけに色々な意味で人気が高いのに納得しました。

レビュー投稿日
2015年10月19日
読了日
2015年10月15日
本棚登録日
2015年10月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黒蜥蜴 江戸川乱歩ベストセレクション (...』のレビューをもっとみる

『黒蜥蜴 江戸川乱歩ベストセレクション (5) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする