怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)

3.79
  • (29)
  • (29)
  • (45)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 266
レビュー : 43
制作 : 平岡 敦 
とし長さん ミステリー・サスペンス   読み終わった 

アルセーヌ・ルパンシリーズの新訳版。

新訳ということで古臭い表現もなく、読みやすい感じでした。再読だったので改めてルパンってミステリーの古典なんだな、と感じました。

好きなのは『王妃の首飾り』不可思議な状況で盗まれた首飾りの謎をめぐる話。ルパンが正体を現してからのルパンの迫力が鬼気迫るものがあって印象的です。

『ハートの7』はわたし(モーリス・ルブラン)とアルセーヌ・ルパンの出会いの話です。
ルブランの家に侵入しながら、何も盗らなかった強盗の謎が思わぬ展開につながっていき面白かったです。また作者自身が作品の中に出てくるということも、この話を初めて読んだ小学生の時には新鮮で、その意味でも個人的に思い入れの強い作品です。

『アンベール夫人の金庫』はルパンの怪盗としての初仕事が描かれます。ラストのルパンとルブランとの会話は笑えます。

『遅かりしシャーロック・ホームズ』はルパンとホームズの出会いももちろん印象的ですが、ルパンが愛する人のために怪盗として苦悩する様子もいいです。

やっぱりルパンはかっこいい!

レビュー投稿日
2011年12月6日
読了日
2011年12月5日
本棚登録日
2011年11月30日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)』のレビューをもっとみる

『怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)』にとし長さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする