さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017

4.33
  • (29)
  • (10)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 474
レビュー : 30
著者 :
tosyokan175さん  未設定  読み終わった 

spotify、iTunes、napstar、CD、MD、walkman、はたまたLP、EP、ラジオ放送…音楽という輝く月の裏側にはテクノロジーのイノベーション(本書によればイノヴェイション?)がずっとずっと連なっていることを思い至りました。音楽ラバー視点からテックを語りビジネスを語り社会を語り、そして未来を語る、あまり聞いたことはないけど、めちゃくちゃ納得してしまうような論評の数々。必ず当たる宝くじを買いたがるようなイノベーション志向を嗤い、生産性をひたすら追い求めるシステムとは距離を置き、「表現する」歓びとそれを「感じ取る」歓びの交歓をシンプルに尊重する気持ち良さを感じました。月の表側を目的としてのビジネスの成功が覆ってきているような現在に月の裏側に回った音楽から吹く風みたいな本でした。

レビュー投稿日
2018年7月5日
読了日
2018年7月4日
本棚登録日
2018年5月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さよなら未来――エディターズ・クロニクル...』のレビューをもっとみる

『さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする