もう一度 倫敦巴里

4.15
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 8
著者 :
tosyokan175さん  未設定  読み終わった 

まさに「もう一度倫敦巴里」!40年前の高校時代、駅前の書店でバスを待ちながら少しずつ立ち読みしてました!あの時の興奮と感心と尊敬が一気に蘇りました!初版の時はページが進むのがもったいない気がして毎日の通学のお楽しみでちょっとずつ楽しみでしたが、もう一度、は一気読み!自分の血中の和田誠菌の濃さを改めて確認した気がして…そしてずっと忘れていたけどこの本がその後の自分の人生の選択に大きな影響を与えたような気がして…そしてそして、なんとなく著者が自らいうところの「モジリ」(パロディではなく…)が80年代の文化を作り、現在のスーパーフラットな文化状況を作ってきた気がしました…たぶん違うかもしれないけど。AIがレンブラントの画風をディープラーニングして新作を作ることが可能になった今、「雪国」シリーズも人工知能が作る時代が来てるってことですよね?いや40年という時間はすごいや。

レビュー投稿日
2017年6月18日
読了日
2017年6月18日
本棚登録日
2017年6月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『もう一度 倫敦巴里』のレビューをもっとみる

『もう一度 倫敦巴里』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする