デザインの本質

著者 :
  • ライフデザインブックス / 株式会社ジャパンライフデザインシステムズ (2020年9月16日発売)
3.78
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 7
5

今から40年近くも昔、六本木に小さなBARで隣に座った人が榮久庵憲司さんでした。プロダクトデザインのお話をいろいろ教えてもらったのでしょうが、内容はすっかり忘れていて、優しい語り口と笑顔だけを覚えています。GKデザインのことを初めて知ったのはその時でした。以来、著書の「幕の内弁当の美学」を気にしたり、2013年の世田谷美術館の「榮久庵憲司とGKの世界」という展覧会を覗いたり、なんとなく遠巻きに憧れをもって、ずっと気になる存在でした。今年、ある講演会で「デザイン経営」のお話を聞いて、たまたま、そして、またまた本書に巡り合いました。時々のこういう邂逅になにか運命を勝手に感じています。例えばデザイン思考では、かのIDEOが突出した存在ですが、わがGKデザインも、ものすごい仕事をしてきて、ものすごい可能性を持っていることを改めて感じました。日本において「デザイン経営」のポテンシャルを発揮するためには、トム・ケリーのスタンフォード大学のd-schoolに負けない「Dデザイン教育」が必要なのではないか、とも思いました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2020年12月20日
読了日 : 2020年12月20日
本棚登録日 : 2020年12月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする