創造性の自己発見: ひらめきの構造をさぐる (ブルーバックス 405)

著者 :
  • 講談社 (1979年11月1日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
4

 KJ法と並ぶ、日本発の定番?発想法の本。ブルーバックスでこの技法の本があるとは知らず、本棚眺めてて気づいた書。シナリオライティング法という手を試して、しっくりこなかったものが、これで少し前進した。アイデアは出ないことはないのだが、いつも雑多な言葉の集合で終わっていた。その次のステップへ進めるのにどうすれば良いか、という点で本書の手法が最も参考になると感じた。さっそくやってみて、従来の自分のやり方の修正ができたような気がしている。実践性大というところで自分には良いものだった。読みにくいところがあり、理解に苦労してしまったが。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 工学
感想投稿日 : 2014年4月29日
読了日 : 2014年4月29日
本棚登録日 : 2014年4月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする