東亰異聞 (新潮文庫)

3.64
  • (421)
  • (488)
  • (932)
  • (71)
  • (16)
本棚登録 : 3753
レビュー : 420
著者 :
とうかさん  未設定  未設定

文明開化の時代の宵闇を魅力的にみせるホラーでありミステリ。
導入部から忍び寄るように物語を広げていくのが小野さんの素敵なところ。魑魅魍魎の影から、ひろがっていくのは猟奇的な連続殺人事件。

艶やかな文にひきこまれ、小野さんのキャラクタの魅力にうっとりしてしまう官能的なおはなし。

『それは呪詛だったのです』
に鳥肌たち、個人的には輔さんがかっこよくて終始ドキドキとしていました。
小野さんファンにはもちろんあでやかなホラー好きで未読のかたにはおすすめしたい。

レビュー投稿日
2013年3月8日
本棚登録日
2013年2月24日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東亰異聞 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『東亰異聞 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする