探偵チームKZ事件ノート 初恋は知っている 若武編 (講談社青い鳥文庫)

4.16
  • (11)
  • (8)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 5
著者 :
とうとよさん  未設定  読み終わった 

主人公の家庭環境のインパクトが強すぎて…。
本当にどんな洗脳教育なんだろうな…。
「美味しそうでしょ?」と問われたら、家庭の平和のために必ず「うん」と答えなければならないとか、どんな家庭だろう。
子供がそんなことを感じながら食べてるって、親にとっても不幸なことじゃないかと私は思うのだけど…。
お母さんはどう思っているのかな…。仮面夫婦ならぬ、仮面親子みたいだよ…。
武田さんのおうちもとても大変だと思うけど、主人公のおうちも負けず劣らず大変だと私は思うよ。

でね、そこに通う生徒にこんな問題が起きていたのなら、それは学校としてもすごく問題なことだと思う。
この世界、どうかしてるよ、本当に。

レビュー投稿日
2018年5月25日
読了日
2018年5月25日
本棚登録日
2018年5月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『探偵チームKZ事件ノート 初恋は知ってい...』のレビューをもっとみる

『探偵チームKZ事件ノート 初恋は知っている 若武編 (講談社青い鳥文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする