おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

3.65
  • (215)
  • (511)
  • (485)
  • (76)
  • (10)
本棚登録 : 3710
レビュー : 425
著者 :
touxiaさん 歌/音楽/アート   読み終わった 

時価2億円のチェロ ストラディバリウスが盗まれる。
事件は、そこから始まる。
学長のピアノも水浸しとなって、使い物にならなくなる。
ピアノを心得たものの仕業。
岬洋介の遠くから徐々に近づいていく手法は、
なるほどと思わせ、犯人も見つけ出してしまう。
オーケストラを、オーケストラに仕上げていく。
なるほど。そして ラフマニノフの名曲を文字で表していく。
目で読みながら、耳で曲を聴いているような錯覚が起こる。
この才能が、素晴らしい。

愛知県や岐阜県が舞台になるというのも、いいなぁ。

レビュー投稿日
2019年5月20日
読了日
2019年5月20日
本棚登録日
2019年5月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』のレビューをもっとみる

『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)』にtouxiaさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする