三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

3.96
  • (130)
  • (126)
  • (144)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1067
レビュー : 55
著者 :
touxiaさん 中国小説   読み終わった 

関羽、張飛が 死んでしまって、
物語のトーンが 少し沈んでしまった。
そして 劉備が 孫権を 討ちにいくが
先陣の 陳礼が 勇猛果敢に 飛びかかっていくが、
陸孫のたくみな 戦略 
そして、我慢に我慢を することで。

水軍が 大勢来たが、
それは、カモフラージュだった。
そのことは、劉備さえも 見破ることができず。
陳礼の先陣は 全滅。
命からがら 劉備は 逃げ延びるが、
いつの間にか 気力さえ 失い
そして、身体の中に 病が蝕んでいた。

孔明は 劉備を尋ね
そして、劉備は 孔明に すべてを託して、
ついに、関羽、張飛のところに
飛んでいくことになる。
孔明の時代が やってきたのだ。

レビュー投稿日
2015年3月5日
読了日
2015年3月5日
本棚登録日
2015年3月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫...』のレビューをもっとみる

『三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『三国志〈11の巻〉鬼宿の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)』にtouxiaさんがつけたタグ

ツイートする