蟹工船

著者 :
  • 2012年9月27日発売
3.44
  • (17)
  • (52)
  • (59)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 495
感想 : 72
4

昭和4(1929)年に発表された。伏せ字があり、その後発禁ともなった。献上品のカニ缶詰めに「石ころでも入れておけ! かまうもんか!」という言葉が、不敬罪となり逮捕され、獄死する。
カムチャッカ沖で蟹を獲り、そのまま船内で缶詰に加工する蟹工船・博光丸。
働く人は400人を超える。そこでは出稼ぎ労働者たちが劣悪な環境の中、
船主や監督たちによっておもいのままに支配され、逃げ場のない絶望にさらされていた。
「おい地獄さ行ぐんだで」と物語は始まる。
蟹工船は「工船」であって「航船」ではない。だから航海法 は適用されない。また工場でもないので、労働法規も適用されなかった。そのため蟹工船は法規の空白域でとなっているが、ロシアのまじかであり、帝国の軍隊が守っていた。カニを取ることは、日本帝国の大きな使命であり、天皇陛下のためだという。日本男児の意地を見せよと過酷な労働を強いる。また、海はウサギが飛ぶほど、荒々しく、大きく揺れている。蟹工船の中のひどい環境の描写が巧みである。
食堂には、「飯のことで文句をいうものは、えらい人間にはなれぬ。不自由と苦しさに耐えよ」
監督は鮭ゴロシの棍棒を持って、大声で怒鳴り散らしている。「いやしくも仕事が国家的である以上、戦争と同じなんだ。死ぬ覚悟で働け」という。監督は、そこで働いている人をどだい人間だと思っていない。漁夫や雑夫が死ぬことをなんとも思っていない。死と隣り合わせの生活。
ロシアに漂流した工員が、ロシア人の家庭で「貧乏な人、プロレタリア。日本は働かない人が金持ち。ロシアは働く人ばかり。ずるい人いない。人の首占める人いない。働かないで、金持ちをプロレタリアがやっつける」と言われるのだ。そのことは、真っ当だと思って、工員の中にそのことが浸透する。西村賢太の『苦役列車』は、この働く人の一緒に戦うというものがなく、分断され、貧しいもの同士が足を引っ張り合う。そこには希望がなく、ヘルスに行くのが楽しみになる。
『蟹工船』では、「殺されたくないものは来れ!」働く人がストライキに立ち上がるが、結果としてリーダー9人が連行される。それでも、もう一度で物語は終わる。
格差社会が、ますます進み、下流層の人の増大、中流層の下流化。一人一人が、孤立化、分断されている中で、希望とは何か。それを100年前の小林多喜二が考えていることに意味があった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 青春/恋愛
感想投稿日 : 2022年1月19日
読了日 : 2022年1月19日
本棚登録日 : 2022年1月19日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする