破戒 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店 (2002年10月16日発売)
3.74
  • (36)
  • (53)
  • (69)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 556
感想 : 59
5

ただただ「根が深い」という感覚を覚えた。
同和問題は西日本で主に語られる、という印象でいたが、舞台は長野である。

主人公の瀬川丑松が段々と追い詰められる様は読み応えがあった。「川の向こう・・・」という表現が、本当に出てきた表現であり、戦後であれそれは存在した表現であるそうだ。
そして、彼が独白するシーンの後、生徒が校長室に直談判をしにいく、その様も感動的であった。

最終的に彼は厄介払いのように扱われてしまう。

同和問題は今にも尾を引く問題である。大阪符豊中市の森友学園の場所は、関西では公然の秘密のように語られる場所であるそうだ。今後どうなっていくのか。問いかけられている気がした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年4月16日
読了日 : 2018年4月3日
本棚登録日 : 2018年4月16日

みんなの感想をみる

ツイートする