歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)

3.29
  • (7)
  • (6)
  • (31)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 303
レビュー : 17
制作 : G.W.F. Hegel  長谷川 宏 
マーキス@ショスタコーヴィチPさん  未設定  読み終わった 

元々はフォイエルバッハの理論やマルクスの「ドイツ・イデオロギー」を読む上で、まずはヘーゲルから当たるべきかと思って読み始めたこの本であるが、確かに通ずる物が多いとは思った。

彼は「欧州」についてはかなり詳述していたし、近代歴史学の源流をなした意味では大きいのかもしれない。しかしアジアに関しては研究はしているものの、なんとも「文明人による野蛮な連中の紹介」のようなきらいがあるのはいなめない。

とはいえ、訳自体はかなり読みやすく仕上がっていた。彼の理論自体は、欧州に関しては特に特筆すべきところはないであろう。むしろ現代の歴史自体が、彼の理論の俎上にあるように思われる。

レビュー投稿日
2011年12月27日
読了日
2011年12月17日
本棚登録日
2011年12月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする