サイコパス (文春新書)

著者 :
  • 文藝春秋 (2016年11月18日発売)
3.39
  • (72)
  • (247)
  • (293)
  • (83)
  • (15)
本棚登録 : 2800
感想 : 309
4

ところどころ ? な箇所もあるが、平易な解説としてはよくできていると思えた。
「やはりそうだよね」と思うところも多く、一般的な「サイコパス」の認識は誤っていないようでである。しかし脳の構造や遺伝まで言及している本や、各国で行われている実験結果まで織り交ぜ解説している。本文もですます調であり、読みやすい。
100人に1人と、決して少なくない人数がサイコパスになるようだ。人間関係をアメとムチで使い分けたり、人倫を厭わず冷徹な決断を平気で下せる。ある面では非常に優秀だが、一方では禍根を残すことをする、それがサイコパスである。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2017年8月2日
読了日 : 2017年7月18日
本棚登録日 : 2017年7月25日

みんなの感想をみる

ツイートする