金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ

3.42
  • (4)
  • (9)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 15
著者 :
大吉堂さん 在庫なし   読み終わった 

小学4年のマヤは、ある朝ネコに誘われて異世界シャドゥインへと入り込んでしまう。そこで救世主黒のエルマニオになって、世界を救ってくれと頼まれるのだった。

「ポポロクロイス」のコンビによる異世界ファンタジー。福島敦子によるイラストがふんだんに使われており、異世界に入り込みやすくなっています。
精霊エルマを操り魔法のような能力を使う人々の住む世界に連れて来られたマヤは、その世界に戸惑うだけでなく不思議な世界を楽しむ気持ちも持ち合わせています。それは読者が異世界を楽しむ心と同調するでしょう。
展開が早く異世界のあれこれも、マヤとともに知っていきます。

異世界に来てもすぐに魔法が使えるようになるわけでなく、精霊を操る術を学ぶ学校へと通うことになるマヤ。仲良くなるクラスメイトやちょっかいを出してくるライバルキャラが現れ、謎と次々に遭遇するうちに1巻は終了。
すっかり作品世界に入り込んで、次巻を楽しみにしてしまうのです。

レビュー投稿日
2019年10月17日
読了日
2019年10月17日
本棚登録日
2019年9月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』のレビューをもっとみる

『金の月のマヤ(1) 黒のエルマニオ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする