謎解きはディナーのあとで 3

3.36
  • (78)
  • (240)
  • (449)
  • (65)
  • (13)
本棚登録 : 2643
レビュー : 295
著者 :
大吉さん 小説   読み終わった 

シリーズ3冊目となると、いつものパターンが様式美にまでなりますな。おなじみのやり取りが楽しいです。
東川作品は軽い文章とベタベタなギャグとパターン化したキャラクターのために誤解されやすいのですが、ガチガチの本格ミステリなんですよね。ミステリのネタの使いようが実に見事です。
最近のシリーズ短編ものは、ミステリ的ネタひとつを核にしているため肉付けとしてギャグを盛っているのですが、そのためミステリ成分が薄く感じるのは残念です。しかしそのギャグがミステリとしてミスリードや伏線を兼ねているのは好きなんですよね。いやまあ、ただ単に言いたかっただけなんだろうという投げ捨てなギャグもありますが、それはまあそれとして。
河川敷で溺死していた男、子ども用の椅子に座らされていた死体、身体から靴ベルト眼鏡カチューシャなど小物が持ち去られていた死体、そして美術品を狙う怪盗まで。ミステリの入り口としても楽しめるシリーズものです。しかしこれで完結なのですかねえ。ううむ。

レビュー投稿日
2015年6月21日
読了日
2015年6月21日
本棚登録日
2015年5月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『謎解きはディナーのあとで 3』のレビューをもっとみる

『謎解きはディナーのあとで 3』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする