東西不思議物語 (河出文庫 121A)

3.46
  • (22)
  • (42)
  • (100)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 478
レビュー : 38
著者 :
大吉さん エッセイ   読み終わった 

古今東に数多ある不思議の物語を紹介する本。元々新聞に連載されていたものなので、軽い読み物として書かれていますが、背後に膨大な知識が広がっていることをうかがわせます。また、出展となる書物も紹介されているので、ただ単なる雑学書と違う趣きがあります。そして読んでみたい本が連綿と広がり増えていくのです。
ここで紹介されている事項は、ポルターガイストや幻術、栄光の手や天狗、百鬼夜行などなどお馴染みのものも多く、ひとつの種から様々な花が咲くものだと思い知らされます。
澁澤龍彦の本は興味もちつつ余り手を出していませんでしたが、これを機にどんどん読んでいきましょうかね。

レビュー投稿日
2015年5月3日
読了日
2015年5月3日
本棚登録日
2015年4月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東西不思議物語 (河出文庫 121A)』のレビューをもっとみる

『東西不思議物語 (河出文庫 121A)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする