100円のコーラを1000円で売る方法2

3.86
  • (92)
  • (197)
  • (108)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 1160
レビュー : 123
著者 :
とよぴ~さん ビジネス・金融   読み終わった 

もしドラにも似たストーリー調のビジネス書
こちら駒沢商会(弱者)とあちらバリューマックス(強者)相互の戦略や心理、駆け引きが面白い

序盤からPDCAのPは計画ではなく仮説
大きな円ではなく螺旋を描く3Dの短いスパンを高速回転させていく…

もうこれだけでも感動的な発見でありここを読んだだけで読む意味があった

他にも論文を先に書いてから実験する『実験は「結論」からはじめろ』など読み応え十分です

この本は「成功体験からの脱却」がテーマになっていますが大企業病やデフレ経済の中での経営…まさに今、日本が直面しているテーマです

そして強者の戦略を用いて撤退することになった東海林社長の最後の一言

『結局、私たちも弱者だった、ということか…』

ここは印象的で苦しんでいる自分の向こう側も実は苦しいんだって気付かされます

レビュー投稿日
2012年12月3日
読了日
2012年12月3日
本棚登録日
2012年12月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『100円のコーラを1000円で売る方法2』のレビューをもっとみる

『100円のコーラを1000円で売る方法2』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

永井孝尚の作品一覧

永井孝尚の作品ランキング・新刊情報

ツイートする