図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)

4.46
  • (2794)
  • (1477)
  • (439)
  • (53)
  • (12)
本棚登録 : 15128
レビュー : 1016
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
りいこさん 本:小説 (日本)   読み終わった 

シリーズ通して、社会への無関心が結果的に自分の首を絞めることになるのだと強く感じさせられました。少しずつ国民の意識が変わってきて良かったです。良かったといえば火器の使用禁止も。検閲との戦いは続くけど、誰かが血を流したり命を落としたり、そんなことが二度と繰り返されませんように。
それから、手に汗握る逃走劇。大嵐という設定も緊張を煽り、ハラハラして凄く面白かったです。

最後に堂郁!どのシーンも好きすぎる~!でもでも、病室でぷんぷんしてる堂上教官が可愛くて一番好きかな(笑)
早く別冊読まなきゃ。

レビュー投稿日
2015年2月3日
読了日
2015年2月2日
本棚登録日
2015年2月3日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) ...』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする