社会認識の歩み (岩波新書)

3.59
  • (18)
  • (20)
  • (43)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 296
レビュー : 17
著者 :
baxさん 岩波新書   読み終わった 

[ 内容 ]
日本の社会科学の「高度成長」はめざましいが、一般の人にはますますよそよそしいものになっていくのは何故か。
マキャヴェリ、ホッブス、スミス、ルソーなど、社会科学史上の結節点に位置する先人たちの知的遺産を読み解く試みを通して、一人一人が自らのうちにどのように社会科学的認識の芽を育てていくべきか、読者とともに模索する。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2011年4月24日
読了日
2011年4月24日
本棚登録日
2011年4月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『社会認識の歩み (岩波新書)』のレビューをもっとみる

『社会認識の歩み (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする