現代日本の思想―その五つの渦 (岩波新書 青版 257)

3.74
  • (6)
  • (11)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 10
baxさん 岩波新書   読み終わった 

[ 内容 ]
恐慌、侵略戦争、そして敗戦。
この苦悩にあえぐ現代日本の現実を、何らかの形でゆり動かしたものは何か。
その代表として、白樺派、日本共産党、生活綴り方運動、北一輝らの昭和維新の運動、戦後世代の五つをあげ、そこに体現された諸思想――観念論、唯物論、プラグマティズム、超国家主義、実存主義――の性格と役割を明らかにする。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2011年5月15日
読了日
2011年5月15日
本棚登録日
2011年5月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『現代日本の思想―その五つの渦 (岩波新書...』のレビューをもっとみる

『現代日本の思想―その五つの渦 (岩波新書 青版 257)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする