カラー版 ハッブル望遠鏡の宇宙遺産 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店 (2004年10月20日発売)
3.96
  • (7)
  • (11)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
感想 : 9
4

[ 内容 ]
一九九〇年の打ち上げ以来、ハッブル望遠鏡は様々な発見をもたらし、宇宙への認識を大きく変えてきた。
しかし、NASAによる突然のサービス・ミッションの中止を受けて、いま存続が危ぶまれている。
人類に届けられた数々の美しい天体写真とともに、最新の宇宙像を提供する。
「カラー版 ハッブル望遠鏡」シリーズの決定版。

[ 目次 ]
1 ヘリテッジの天体たち(銀河いろいろ;銀河の形成 ほか)
2 宇宙の果てにせまる(銀河をつくる星粒;スターバースト銀河 ほか)
3 星の世界を訪ねる(惑星系の誕生;星の生き残り ほか)
4 ハッブル最大の危機(グレート・オブザーバトリーズ;進化する望遠鏡 ほか)
5 地球のなかまたち(夕焼けが青い惑星、火星;縞と渦の惑星、木星 ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 岩波新書
感想投稿日 : 2011年5月13日
読了日 : 2011年5月13日
本棚登録日 : 2011年5月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする