カラー版 知床・北方四島―流氷が育む自然遺産 (岩波新書)

3.69
  • (5)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 11
baxさん 岩波新書   読み終わった 

[ 内容 ]
知床半島から北方四島にかけては、北半球で最も南まで流氷が押し寄せ、海と陸にまたがった豊かな生態系が育まれている。
しかしこの自然は、ソ連崩壊後の急速な資本主義化によって脅かされつつある。
ここに暮らす動物たちの姿を紹介するとともに、生態系保全のため、世界自然遺産・知床をさらに東のウルップ島まで拡張する構想を展開。

[ 目次 ]
第1章 流氷が育む生態系
第2章 海と陸との意外なつながり
第3章 地球に残された「最後の秘境」
第4章 生態系に迫る脅威
終章 自然遺産を守るために

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2011年4月27日
読了日
2011年4月27日
本棚登録日
2011年4月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カラー版 知床・北方四島―流氷が育む自然...』のレビューをもっとみる

『カラー版 知床・北方四島―流氷が育む自然遺産 (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする