コルチャック先生 (岩波ジュニア新書 (256))

3.29
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 66
レビュー : 5
著者 :
baxさん 岩波ジュニア新書   読み終わった 

[ 内容 ]
「私は子どもたちの父親なのです。私だけがどうして」自分だけにさしのべられた救いの手を拒絶し、教え子たちとともに死の収容所トレブリンカ行きの貨車へ……。
ポーランド系ユダヤ人で「子どもの権利条約の精神的な父」と言われる教育者コルチャック(一八七九‐一九四二)の壮絶な生涯を描き、その先駆的な人権思想を辿る。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2011年3月26日
読了日
2011年3月26日
本棚登録日
2011年3月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『コルチャック先生 (岩波ジュニア新書 (...』のレビューをもっとみる

『コルチャック先生 (岩波ジュニア新書 (256))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする