にんげんだもの 逢 (角川文庫)

3.77
  • (64)
  • (55)
  • (106)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 469
レビュー : 66
著者 :
baxさん ワンコイン文庫(角川文庫)   読み終わった 

【本の内容】
つまづいたっていいじゃないか、にんげんだもの。

このことばにどれだけ多くの人が救われ、勇気づけられたことでしょう。

美しく力強い真実の書と詩によって、現代人の「心のバイブル」とされる相田みつをの世界―。

その代表作品、未発表作品を収録し、“人生の出逢い”をテーマに編んだ、夢のオリジナル文庫。

[ 目次 ]

うつくしいものを
ただいるだけで
ひとつの事
宇宙ロケット
梅の木に
花はつねに

花はただ
一番わかっている〔ほか〕

[ POP ]
〈つまづいたり ころんだり するほうが 自然なんだな人間だもの〉相田みつをさんが多くの方に愛されるのは、その一言に魂が宿っているからだと思います。

思わず自分の人生を思い返してしまう言葉。

人生に絶望しそうになったときも自分自身を愛しくかけがえのないものだと思えるようになる言葉。

すっかり定番になりましたが、相田さんの書詩集『新版にんげんだもの〈逢〉』は、何度読んでも心震える言葉たちに出会えます。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2014年9月3日
読了日
2014年9月3日
本棚登録日
2014年9月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『にんげんだもの 逢 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『にんげんだもの 逢 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする