日本人の言語表現 (講談社現代新書 410)

著者 :
  • 講談社 (1975年1月1日発売)
3.26
  • (2)
  • (4)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 4
3

[ 内容 ]
日本語は微妙なニュアンスと深い陰影に富んでいる。
さらに日本人特有の話し方、書き方が、日本語をいっそう複雑で、むずかしいものにしている。
本書は、古典から現代の歌謡曲、CMまで幅広い材料を豊富にひきながら、ことばの奥底にひそむ心理を明らかにしていく。
著者ならではの鋭い指摘、軽妙で、エスプリにみちた文章、ことばに対する暖かい眼はものの見方、文化の特質まで射程におさめる。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社現代新書
感想投稿日 : 2010年12月12日
読了日 : 2010年12月12日
本棚登録日 : 2010年12月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする