時間の本質をさぐる: 宇宙論的展開 (講談社現代新書 1005)

  • 講談社 (1990年6月1日発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 2
3

[ 内容 ]
時間とは、空気のような存在だ。
目には見えず、とらえ所がない。
時間が流れるのは、客観的事実なのか、人間の感覚なのか。
エントロピー、ブラックホールの探究から〈時〉の神秘に迫る。

[ 目次 ]
1 時間の謎
2 古典論における時間と空間
3 アインシュタインの相対論における時間と空間
4 ブラックホールとはなにか
5 ブラックホールのなかの時間と空間
6 ワームホールとタイムマシンのつくり方
7 時間の流れ―さまざまな時間の矢
8 熱力学第2法則とエントロピー
9 ブラックホールと熱力学第2法則
10 宇宙論的時間の矢
11 宇宙膨張とシステムの進化
12 マクスウェルの魔物と意識の時間の矢

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社現代新書
感想投稿日 : 2010年12月18日
読了日 : 2010年12月18日
本棚登録日 : 2010年12月18日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする