エロイカの世紀: 近代をつくった英雄たち (講談社現代新書 1589)

著者 :
  • 講談社 (2002年1月1日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
3

[ 内容 ]
ナポレオン革命とベートーヴェンはどう交錯したか。
ヘーゲルは馬上の英雄に何を見たか…近代とともに誕生した「世界史的偉人」を通して、革命の世紀を生き生きと描く。

[ 目次 ]
第1章 英雄の世紀
第2章 啓蒙の賢人から普遍の天才へ
第3章 啓蒙都市民の誕生
第4章 ヨーロッパ国際関係のなかのドイツ
第5章 ナポレオン革命
第6章 ナポレオン・ショック
第7章 市民と英雄
第8章 古典主義からロマン主義へ
第9章 静穏の一八二〇年代

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社現代新書
感想投稿日 : 2010年11月23日
読了日 : 2010年11月23日
本棚登録日 : 2010年11月23日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする