TOEFL・TOEICと日本人の英語力: 資格主義から実力主義へ (講談社現代新書 1605)

著者 :
  • 講談社 (2002年4月1日発売)
3.21
  • (3)
  • (6)
  • (20)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 98
感想 : 12
3

[ 内容 ]
日本ほど英語検定試験の受験者の多い国はない。
でもいったい何のため?
各試験の内容を詳細に分析し、本当に必要な英語力を探る。

[ 目次 ]
序章 日本人の自虐的英語観と奇跡願望
第1章 英語試験の誤解と勘違い
第2章 三大検定試験の中身はこうなっている
第3章 検定試験は何を判定しているか
第4章 日本人のTOEFLスコアはなぜ低いのか?
第5章 「資格試験」は万能か?
第6章 本物の実力をめざして
終章 資格主義から実力主義へ

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 講談社現代新書
感想投稿日 : 2010年12月14日
読了日 : 2010年12月14日
本棚登録日 : 2010年12月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする