学校と社会・子どもとカリキュラム (講談社学術文庫)

3.57
  • (5)
  • (4)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 15
制作 : 市村 尚久 
baxさん 講談社学術文庫   読み終わった 

[ 内容 ]
デューイの教育思想と理論は戦後日本の教育に大きな影響を与えた。
シカゴ実験室学校の成果を踏まえ、あるべき学校の理想像を構想し、学習の内容・方法・運営を具体的に提示する。
学校は家庭や近隣の社会を縮約した小社会で、教育は子どもの経験から始まるという活動主義の教育実践論を展開。
子どもの個性と自主性を重んじたデューイの学説は、現在の教育荒廃状況に十分対応できる実効性をもっている。

[ 目次 ]
学校と社会(学校と社会進歩;学校と子どもの生活;教育における浪費 ほか)
子どもとカリキュラム

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

レビュー投稿日
2014年10月5日
読了日
2014年10月5日
本棚登録日
2014年10月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『学校と社会・子どもとカリキュラム (講談...』のレビューをもっとみる

『学校と社会・子どもとカリキュラム (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする