現代中国学―「阿Q」は死んだか (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社 (1997年8月1日発売)
3.17
  • (0)
  • (6)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 4
4

[ 内容 ]
中国と言えば、これまで日本人は、格調高い中国古典に関心を抱き、伝統中国に郷愁を覚えるのが普通であり、現代中国や無数の愚民「阿Q」にはあまり関心がなかった。
しかし好むと好まざるとにかかわらず、日本は現代中国と共生してゆかねばならない宿命にある。
その現代中国を、表面的にではなくて、古典中国学・伝統中国の研究者の立場から本質的に分析し、「「阿Q」は死んだか」と問い続け、真の現代中国学の必要性を提唱する。

[ 目次 ]
序章 中国大陸と台湾と
第1章 名実を読みこむ
第2章 儒教を読みこむ
第3章 資料を読みこむ
第4章 人間を読みこむ

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 中公新書
感想投稿日 : 2011年4月1日
読了日 : 2011年4月1日
本棚登録日 : 2011年4月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする