「反日」解剖 歪んだ中国の「愛国」

著者 :
  • 文藝春秋 (2005年9月27日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
5

[ 内容 ]
反日運動家の薄っぺらな日本認識、反日教育基地のデタラメ、笑止千万な反日ゲーム・映画・テレビ──これが反日中国の現実だ!
反日の実態を探って、自ら中国へ渡り、誰よりも早く反日人士から直接取材し、冷静な分析を加えてきた著者による衝撃のレポート。

[ 目次 ]
第1章 近年の中国青年による反日運動(西安寸劇事件―日本人留学生、「恐怖の一夜」を語る;北京サッカーアジア杯決勝戦反日暴動―北京・済南現地ルポ/富坂聰氏との対談・試合後、北京は「天安門事件」寸前だった ほか)
第2章 反日活動家たちの素顔(「反日」を煽り立てる中国の「新聞工作者」;尖閣上陸で名を馳せた「中国反日活動団体」本拠地訪問記;中国「反日」運動家“紳士”録)
第3章 愛国主義教育ってなんだ?(一直轄市十四省二自治区にまたがる「抗日スポット」;共産党プロパガンダの大行進 愛国主義教育基地を往く)
第4章 ドラマからゲームまで、中国「反日文化」はここまでやる(イケメン八路軍が皇軍エロオヤジをぶった斬る反日ゲームをクリアした;露出で売らんかな!商売根性丸出し「反日Vシネマ」;抗日戦争映画から最新反日メロドラマまで“極悪なる日本兵”の描かれ方)
第5章 中国の闇をみつめる(薬物大国中国と、密輸で逮捕される日本人;ネット規制「違法・不良情報通報センター」の怪―ポルノと民主を考える ほか)

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本書物漫遊記(単行本)
感想投稿日 : 2014年11月6日
読了日 : 2014年11月6日
本棚登録日 : 2014年11月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする