ドラコニア綺譚集 (河出文庫)

3.61
  • (10)
  • (16)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 20
著者 :
baxさん 澁澤龍彦コレクション   読み終わった 

[ 内容 ]
「ドラコニア」とは龍の王国、すなわち「渋沢龍彦ランド」のことである。
この知の領土において、著者は極楽鳥や仮面、童子といった偏愛するテーマをとりあげながら、筆のおもむくまま、自在のスタイルで、興趣つきないエピソードをつむぎ出す。
一編ごとにエッセイ風、幻想譚風とおもむきを変え、きらびやかなペダントリーをふりまきながら、軽やかな精神の運動が展開する円熟のエッセイ集。

[ 目次 ]
極楽鳥について
鏡と影について
飛ぶ頭について
かぼちゃについて
文字食う虫について
スペインの絵について
ラテン詩人と蜜蜂について
箱の中の虫について
桃鳩図について
仮面について
童子について
巨像について

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2010年7月19日
読了日
2010年7月19日
本棚登録日
2010年7月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドラコニア綺譚集 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『ドラコニア綺譚集 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする