華やかな食物誌 (河出文庫)

3.36
  • (5)
  • (6)
  • (30)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 12
著者 :
baxさん 澁澤龍彦コレクション   読み終わった 

[ 内容 ]
美食家の中にはたんに食欲が肥大し、味覚が鋭敏になっただけでなく、美味なものを食べたいという欲望を上まわる妄想や衝動に憑られた人たちがいる。
表題作「華やかな食物誌」は、古代ローマやフランスの宮廷の豪華なる食卓へと読者をいざないながら、そういった美食に憑かれた奇人たちのさまざまな奇行や妄想を物語る。
表題作他絵画や寺院などに関する18篇のエッセイを収録。

[ 目次 ]
華やかな食物誌
フランスの宮廷と美食家たち
クレオパトラとデ・ゼッサント
ヴィーナス、処女にして娼婦
ベルギー象徴派の画家たち
アタナシウス・キルヒャーについて―略伝と驚異博物館
シュヴァルと理想の宮殿
ダリの宝石
建長寺あれこれ
蕭白推賞
絵巻に見る中世
土方巽について
みずからを売らず―秋吉巒について〔ほか〕

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2010年7月19日
読了日
2010年7月19日
本棚登録日
2010年7月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『華やかな食物誌 (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『華やかな食物誌 (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする