限界芸術論 (ちくま学芸文庫)

3.78
  • (13)
  • (7)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 251
レビュー : 9
著者 :
baxさん ちくま学芸文庫   読み終わった 

[ 内容 ]
芸術と生活の境界に位置する広大な領域、専門的芸術家によるのでなく、非専門的芸術家によって作られ大衆によって享受される芸術、それが「限界芸術」である。
五千年前のアルタミラの壁画以来、落書き、民謡、盆栽、花火、都々逸にいたるまで、暮らしを舞台に人々の心にわき上がり、ほとばしり、形を変えてきた限界芸術とは何か。
その先達である柳宗悦、宮沢賢治、柳田国男らの仕事をたどり、実践例として黒岩涙香の生涯や三遊亭円朝の身振りなどを論じた、戦後日本を代表する文化論。
表題作『限界芸術』に加え、芸術の領域での著者の業績がこの一冊に。

[ 目次 ]
芸術の発展
大衆芸術論
黒岩涙香
新聞小説論―高木健夫『新聞小説史稿』を読んで
円朝における身ぶりと象徴
『鞍馬天狗』の進化
まげもののぞき眼鏡
冗談音楽の流れ
一つの日本映画論―「振袖狂女」について
現代の歌い手
国民文化論

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

レビュー投稿日
2014年11月21日
読了日
2014年11月21日
本棚登録日
2014年11月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『限界芸術論 (ちくま学芸文庫)』のレビューをもっとみる

『限界芸術論 (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする