最後の親鸞 (ちくま学芸文庫)

3.65
  • (18)
  • (19)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 355
レビュー : 29
著者 :
baxさん ちくま学芸文庫   読み終わった 

[ 内容 ]
親鸞の思想は、直弟子たちの聞書きなどに書きとめられた言葉によって、死後はるかな時間をへだててしだいにその巨きな姿をあらわした。
非僧非俗の境涯に集約されるその知の放棄の方法はどのようなものだったのか?宗教以外の形態では思想が不可能であった時代に、仏教の信を極限まで解体し、善悪の起源とその了解について思考の涯まで歩んでいった親鸞の姿を、著者は全身的な思想の集注で描ききっている。

[ 目次 ]
最後の親鸞
和讃―親鸞和讃の特異性
ある親鸞
親鸞伝説
教理上の親鸞
永遠と現在―親鸞の語録から

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

レビュー投稿日
2014年11月7日
読了日
2014年11月7日
本棚登録日
2014年11月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最後の親鸞 (ちくま学芸文庫)』のレビューをもっとみる

『最後の親鸞 (ちくま学芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする