中国怪異譚 聊斎志異〈4〉 (平凡社ライブラリー)

  • 平凡社 (2009年11月1日発売)
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
3

[ 内容 ]
本書は、伝奇書の気韻を漂わせている志怪書であって、中国志怪文学の集大成だといっていい。
それは、素材の面でも、思想の面でも、構成の面でも、そういえるばかりでなく、すでに十分に爛熟していた口語小説の語り口も体得して、文辞の上にまで斬新な技法を駆使しているのだ。
(第一巻所収、「解説」より)。

[ 目次 ]
神様になる(羅祖)
劉という男(劉姓)
薄命の徳(邵女)
袖中の天地(鞏仙)
兄と弟と嫂と(二商)
銀をとる秀才(沂水秀才)
悪役人と幽霊芸者(梅女)
人梯子の道(郭秀才)
笑う死僧(死僧)
鸚鵡の許婚(阿英)〔ほか〕

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 平凡社ライブラリ-
感想投稿日 : 2010年7月15日
読了日 : 2010年7月15日
本棚登録日 : 2010年7月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする