輝く平原の物語 (ウィリアム・モリスコレクション)

  • 晶文社 (2000年6月1日発売)
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 4
3

[ 内容 ]
春まだ浅いある日、平和な日々をおくるクリーヴランドの浜辺に海賊船が出現し、一人の美しい乙女を連れ去った。
乙女の婚約者である“大鴉一族”の若者ホールブライズは海賊船を追って探索の旅に出る。
行く手にあらわれた謎の大男にさそわれ、陰謀渦巻く海賊たちの島へ。
さらに、“不死の王”の支配する“輝く平原”の国へ。
永遠の若さと幸福を約束するというその国で、ホールブライズが出会ったものとは?モリスが生涯のテーマとして追求した「地上の楽園」をめぐる愛と冒険の物語。

[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ウィリアム・モリス・コレクション
感想投稿日 : 2010年6月26日
読了日 : 2010年6月26日
本棚登録日 : 2010年6月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする