高村光雲―木彫七十年 (人間の記録)

5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 2
著者 :
baxさん 人間の記録   読み終わった 

[ 内容 ]
仏教彫刻の伝統にヨーロッパ的写実性を加え木彫の芸術性を高める。
シカゴ万国博覧会で授賞した「老猿」、パリ万博の金賞作「山霊訶護」などの作品で世界的名声を博す。
長男光太郎は詩人。
三男豊周は彫刻家。
愛と感動の人間ドラマ!
感動の自伝。

[ 目次 ]
私の父祖
私の子供の時
安床の「安さん」
父の訓誡
その頃の床屋と湯屋
高村東雲の生立ち
彫刻修業
「木寄せ」その他
甲子年の大黒
仏師の店(職人気質)〔ほか〕

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

レビュー投稿日
2010年6月23日
読了日
2010年6月23日
本棚登録日
2010年6月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『高村光雲―木彫七十年 (人間の記録)』のレビューをもっとみる

『高村光雲―木彫七十年 (人間の記録)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする