泥の子供たち―ロマン主義からアヴァンギャルドへ

  • 水声社 (1994年5月1日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 2
3

[ 内容 ]
ノーベル文学賞を受賞した現代ラテンアメリカ最大の詩人であり、シュルレアリスムの洗礼を受けた先鋭的な文学理論家でもある著者が、壮大や文明論的視座から近代詩―英独のロマン派、仏象徴主義、イスパノアメリカのモデルニスモ、20世紀のアヴァンギャルド―を論じ、詩と宗教と革命の問題へと肉迫しつつ、〈近代性の終焉〉を剔抉する、『弓と堅琴』以来約20年ぶりに放つ根源的近代詩論。

[ 目次 ]
1 断絶の伝統
2 未来の反乱
3 泥の子供たち
4 アナロジーとイロニー
5 翻訳と隠喩
6 アヴァンギャルドの黄昏(革命/エロス/メタ・イロニ;図形の裏面;収斂点)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 叢書 アンデスの風
感想投稿日 : 2010年7月27日
読了日 : 2010年7月27日
本棚登録日 : 2010年7月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする