浦島太郎の文学史―恋愛小説の発生 (五柳叢書)

著者 :
  • 五柳書院
3.30
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 5
3

[ 内容 ]
浦島太郎の真の姿は神仙思想をもとにしたポルノグラフィーだった。

[ 目次 ]
序章 昔話「浦島太郎」への疑問
第1章 児童文学「浦島太郎」(国定教科書の浦島太郎;巌谷小波の浦島太郎)
第2章 神仙小説「浦島子」(日本書紀の浦島子;丹後国風土記の浦島子;伊預部馬養と「別巻」;万葉集の浦島子)
第3章 小説の発生(中国の神仙小説;馬養の神仙小説)
第4章 中世小説「浦島太郎」(漢文伝からかな物語へ;お伽草子の浦島太郎;浦島太郎の自由化)
終章 小説から昔話へ

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 五柳叢書
感想投稿日 : 2010年6月21日
読了日 : 2010年6月21日
本棚登録日 : 2010年6月21日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする