Aja

3.83
  • (34)
  • (19)
  • (49)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 21
アーティスト : Steely Dan 
baxさん 音楽(洋楽)   聴き終わった 

Aja//Steely Dan

とってもお気に入りの曲達です(笑)

なんせ私が大学の時、友人に勧められて聞き始めてから早!何十年?(汗)

摩訶不思議なコード進行とシニカルな歌詞。

ジャズやR&Bをベースにしたサウンドは洗練されてクールだが、どこか歪んで無国籍的なイメージがあって、70年代後半から80年代のAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)やフュージョン・ブームの中で、圧倒的な存在感を放ったスティーリー・ダン。

その後、彼等は一流スタジオ・ミュージシャンを総動員して、演奏テクニックの粋を曲にあてはめていく方法論で、『幻想の摩天楼』『彩(エイジャ)』『ガウチョ』といった完璧なアルバムを発表していきます。

特に『彩(エイジャ)』は全米3位となり、山口小夜子がモデルのジャケットと相俟って、日本でも人気が高い不朽の名作ですねぇ(笑)

ラリー・カールトンやスティーヴ・ガッド、チャック・レイニーといった凄腕のミュージシャンが自分の作品以上のプレイを披露し、当時ブームとなっていたフュージョン界にも戦慄が走ったほどです!

Steely Danは元々自分の作曲した曲を音とするべくDonald Fagenらが組んだバンドなんですが、Fagenも最初は歌う気はなかったらしいのです。

やがて彼らは凝りに凝ったスタジオワークで傑作を作り出していきます。

ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカー及びプロデューサーのゲイリー・カッツらが造り出した究極のフュージョン・サウンドであり極上の都市型音楽アルバム「Aja」から表題曲”Aja”。

気難しい完璧主義者としてスタジオミュージシャン達から恐れられていたスティーリ-・ダンの絶頂期のアルバム「Gaucho」から”Babylon Sisters”。

ウエストコースト特有の乾いたロックンロールを基軸に、ジャズ、ソウル、R&Bなどの多彩な音楽要素をフィーチャーしたそのサウンドが心地よいスティーリー・ダンのドナルド・フェイゲンがソロとして放った傑作アルバム「The Nightfly」から”Nightfly ”。

3曲つづけてお聴き下さい(笑)

レビュー投稿日
2010年6月27日
読了日
2010年6月27日
本棚登録日
2010年6月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Aja』のレビューをもっとみる

『Aja』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする