カシタンカ・ねむい 他七篇 (岩波文庫)

3.47
  • (11)
  • (11)
  • (19)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 168
レビュー : 19
transcendentalさん ロシア文学   読み終わった 

掌編がいい。特に「嫁入り支度」「かき」「富籤」「ねむい」辺り。「嫁入り支度」「かき」シチュエーションのこういう限定的な切り取り方が好き。「富籤」心理の変遷がユーモラスに描写されている。「ねむい」作品が醸し出す雰囲気の中で物語が巧みに流れていく。神西清の訳文は、やはり日本語としてなかなかこなれていると思う。付録のチェーホフ論は面白くない。

レビュー投稿日
2011年3月26日
読了日
2008年9月17日
本棚登録日
2011年3月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カシタンカ・ねむい 他七篇 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『カシタンカ・ねむい 他七篇 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『カシタンカ・ねむい 他七篇 (岩波文庫)』にtranscendentalさんがつけたタグ

ツイートする