たからもの

  • 偕成社 (2006年5月1日発売)
3.74
  • (11)
  • (21)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 193
感想 : 36

1980年コルデコット賞銀賞受賞作。
「都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものをさがしなさい」
夢の中のこの声から物語は始まる。貧しいアイザックはこの言葉を気にもとめなかったが、何度か同じ夢を見る。そして「もしかしたらほんとうかもしれない」、そう思いなおして旅に出る。アイザックは橋のところで衛兵の隊長に夢の話をすると、隊長から思いもよらない話を聞かされる。
最初から一貫して無欲のアイザックが、たからものを手に入れた後に取る行動が素晴らしい。自分のたからもの、本当に大切なものとは何なのだろうか、どこにあるのだろうかと考えさせられる本です。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 幼児
感想投稿日 : 2013年3月5日
本棚登録日 : 2013年3月5日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする