おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)

3.98
  • (350)
  • (204)
  • (322)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 2342
レビュー : 309
hidamari@trdさん 幼児   読み終わった 

「さくら保育園にはこわいものが二つあります。一つは押し入れ、もう一つはねずみばあさんです。」というお話のはじまりは、何ともいえないわくわく感と興味を誘います。みずの先生の言うことをなかなかきかない子は押し入れへ。それから、みずの先生が人形劇で演じるこわ~いねずみばあさん。このお話で何といってもはらはらドキドキさせるのは、押し入れの中に出てくるねずみばあさんに追われるシーン。
あるとき、ミニカーの取り合いをしていたあきらとさとしの二人。先生の言うことをきかなかったため、押し入れへ。しばらくすると、押し入れの中には、ねずみばあさんの姿が・・・。ねずみばあさんの脅かしや心細さで泣き出しそうになるが、仲直りして二人は励まし合い・・・。
臨場感があり、お話の長さをもろともしないお話の展開に引きこまれてみてはいかがでしょう?ともだちがいる心強さを感じる一冊です。
【5歳位~】《12月テーマ:ともだち》

レビュー投稿日
2013年11月7日
読了日
2012年3月4日
本棚登録日
2013年11月7日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこど...』のレビューをもっとみる

『おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする