秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)

3.78
  • (357)
  • (719)
  • (629)
  • (45)
  • (8)
本棚登録 : 4588
レビュー : 457
著者 :
制作 : 片山 若子 
くわっぱさん 現代物   読み終わった 

夏季限定からどうなるんだろうと思って読んでみたらちょいとビックリ展開だった。

瓜野くん、小山内さんの言葉の節々に出てくる猟奇的な雰囲気に気付けないのは・・・恋ゆえなのか??
そして彼はどこまでも青くて危なっかしい。

小鳩くんの思考回路はもう意識的に抑えようとしていないのかな。あくまでも口には出さないようにして、考えるだけに留めている感じだ。
そして小市民らしく青春を謳歌している様子だけれども、こちらはこちらでまた自分を抑えて無理している様子。
小山内さんとの互恵関係のときは思考パターン・考え方を抑えていたけれど、仲丸さんとの付き合いではまた違うもの・・・個性を抑えているような。
下巻も早く読みたい!

レビュー投稿日
2015年5月31日
読了日
2015年5月31日
本棚登録日
2015年5月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理...』のレビューをもっとみる

『秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする