パスカル パンセ抄

3.38
  • (3)
  • (9)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 129
レビュー : 12
チョコタンさん  未設定  読み終わった 

パンセ抄の中で「褒められたい」というくだりが共感します。
この中でもぴったり的中なのがP105「あらゆる人は、それぞれに自慢ばかりしている。さらに哲学者たちも、称賛してくれる人が欲しい、また、そうした批判を書いている当人も、批判が的確だと褒められたいがために書くのだ。また、その批判を読んだ者も、それを読んだという誉れが欲しいのである。そして、これを書いているわたしですら、おそらくは、そうした願望を持っているだろう。また、これを読む人だって・・・・。(断章一五〇)」その通りである。パンセ抄は最初の頃はそれほどのものではなかった、読み返して行くとその素晴らしさが、まるで肉汁の様に湧き出てくるのである。

レビュー投稿日
2012年10月18日
読了日
2012年10月18日
本棚登録日
2012年8月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『パスカル パンセ抄』のレビューをもっとみる

『パスカル パンセ抄』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする