家庭の医学 (朝日文庫)

4.00
  • (18)
  • (16)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 19
trworksさん 海外文学   読み終わった 

癌で死にゆく母を看取るまでを淡々と書き付けた記録。原題は “Excerpts from a Family Medical dictionary”、すなわち「『家庭の医学』からの抜粋」。その名のとおり、各章のタイトルは『家庭の医学』の見出しのような、病気の症状から死にまつわる単語の事典的な定義になっている。
よくある闘病記のような感傷的・感情的な表現はどこにもなく、ただ静かに「死んでいくプロセス」を見守る著者。その筆致は静謐で美しくさえある。だがその背後にあったであろう個人的な苦しみ、動揺の体験を思うと (それらは本書には書かれていない) 喉の奥が痛むような感覚を覚えた。

レビュー投稿日
2010年4月11日
読了日
2010年4月4日
本棚登録日
2010年4月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家庭の医学 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『家庭の医学 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『家庭の医学 (朝日文庫)』にtrworksさんがつけたタグ

ツイートする