にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)

3.11
  • (0)
  • (5)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 6
著者 :
tsubuyakibetaさん 小説   読み終わった 

Ono's second novel, which he wrote at a Claude Mouchard’s apartment, features appealing characters like the drunk who visits his neighbor every day and the corrupt cop cozying up with local crime bosses, as well as the ordinary citizens of a sparsely populated village in Japan.
The novel, which was also translated into Vietnamese, won the Mishima Yukio Prize and one of the judges praised the author as a combination of the two masters of magic realism, Columbian Gabriel García Márquez and Japanese Nakagami Kenji.

レビュー投稿日
2014年10月30日
読了日
2014年10月5日
本棚登録日
2014年10月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『にぎやかな湾に背負われた船 (朝日文庫)』にtsubuyakibetaさんがつけたタグ

ツイートする